学校の宿題なんて必要ないならやんなくていいんだよ!

「センターまで残り2日」
 
 
 センターまで残り1日と23時間くらい?
 
 
 どうも、sinです。
 
 
 遅い時間になりました。
 
 
 
 打ち合わせの通話を
 していてこんな時間に、、、
 
 
 いや、打ち合わせではなく
 もはや別の何かになっていましたが
 それは・・・
 
 
 まぁいいでしょう!
 
 

矛盾から目を背けない

 
 人生生きてると
 様々な「問題」が見つかります。

 
 
 自分の家にも、
 自分の家の物にも。
 
 
 勉強をやっていても
 たくさん矛盾点ってあります。
 
 
 
 例えば、随分前に
 
 理想の英語教材の話
 をしました。
 
 
 
 英文
 
 理想的な問題
 
 その英文のSVOCが分解されたもの
 
 英文にスラッシュリーディングで
 下に訳が書かれている
 
 
 これら全てが含まれていれば
 教材としてはかなり
 使いやすい形だと思うのです。
 
 
 
 でも、そういうのって
 ほとんど書店で見かけないわけです。
 
 
 一つの矛盾です。
 
 
 良いと思うものが
 世に出ていない。
 
 
 ハイパートレーニングは
 かなりそれに近い問題集なんですが、
 
 いかんせん問題の質が
 追いついていません。
 
 読解練習用にはとても
 使い勝手がいいんですが、
 おしいです。
 
 
 勉強をしても
 仕事をしても、じっくり見ていくと
 「矛盾」をたくさん目にすることに
 なるはずです。
 
 
 
 その矛盾を
 「ま、当たり前だよね」
 
 と流すか
 
 「これはオカシイだろ!」
 
 と思い、変革を起こすか
 
 では、生き方として全然違う
 ものになってくると思います。
 
 
 
 一つ一つの矛盾と
 向き合えれば、
 
 新たなアイデアの発見や
 飛躍的な成長を体験できるかもしれません。
 
 
 それほど、矛盾を見つけること、
 見つめることは大切です。
 
 
 
 
 今自分がやっている勉強は
 矛盾していないか?
 
 
 誰かにやらされていることを
 鵜呑みにして、納得もしていないのに
 やっていないか?
 
 
 
 常識に素直になる必要なんて、
 本当はないのです。
 
 
 重要なのは、
 「本当にそうなの?」という
 素直な疑問を持つ精神と
 
 その心を許してあげることです。
 
 
 例えば、
 学校の課題が手一杯で
 自学自習ができない
 
 という話を僕もよく聞きますが、
 
 ぶっちゃけ、
 
 いいんですよ。
 
 そんな真面目にやらなくて。

 
 
 重要なのは、自分の受験を成功させられるか
 どうかで、
 先生の自己満足の宿題は
 放っておけばいい
のです。

 
 
 素直なことは
 とてもいいことなんですが、
 
 どこに素直になるかは自分で選択する
 必要があるんです。
 
 
 そんな中で、矛盾を感じながらも
 素直になる必要なんて
 僕はないと思っています。
 
 
 それはもはや「 奴 隷 」なのです。
 
 
 自分の信じる最良の選択を
 毎日の中で常にできるかどうか。
 
 
 それが後悔の無い人生の作り方です。
 
 
 自分がやりたいことを
 自分で責任を持ち、やっていく。
 
 
 矛盾を感じたら、即座に疑問を呈し
 その矛盾を打破する行動に変化させていく。
 
 
 こういうことがこれからの時代
 必要になってくると思います。
 
 
 
 
 と、今日は短くまとめておきます。
 
 矛盾と向き合う。
 常識を疑う。
 自分の信じるものに素直になる。
 
 
 こんなことを
 僕は結構考えて生きています。
 
 
 あなたの生き方の
 参考になればいいなと思い
 書きました。
 
 
 
 
 それでは、
 おやすみなs・・・zzz