数学が苦手な人のための勉強法

どうもこんにちは。sinです。

「数学がどうも苦手です・・・」

という声は、生徒を指導してもよくある相談です。

今回は、数学が苦手な人のための
苦手解消法について解説していこうと思います。

センター5割だったけど、8割取れるようになった生徒がいます

僕が実際に教えていた生徒の中に、

「理系だけど現代文は得意。
だけど、数学がなかなか得意にならない。」

と言う子がいました。

その子は見始めた当時、センター数学が5割程度だったのですが、

勉強を始めて、1ヶ月ほどで

「sinさん!初めて8割がとれました!」

という報告をしてくれました。

 

 

たまたま取れたセンター過去問8割だったかもしれません。

が、
そうやって一回でも高得点を取れると

「あ、自分って数学できるんだ」

という感覚になれます。

数学が苦手
という人は、結局
数学で点数をなかなか取れない

数学が苦手

というマインドになっています。

まずは、1年分でいいから目標点をとってやろう!

点数=得意不得意

という図式は、
わりと成り立っていると
思います。

あるテストで一発
100点とっちゃたら
そこでなぜかその科目の
ことを好きになり

ノッてくるなんてことは
よくある話です。

しかし、普段はそれを意識せず

「苦手なものは苦手」
「得意なものは得意」

と遺伝子的に決められた
運命かのように得意不得意を
判断してしまいます。

でも、それは嘘です。

なぜなら、僕らは
一度上手く行けば
そこから「できるかも!?」
と思えるような脳の作りになっているからです。

だからこそ、

数学を得意にしていくためにも
「できる!」を増やしていき

「点を取れる!」という体験を
増やしていってください。

それこそが、
得意にするコツであり、
本番の自信にも繋がるのです。

不安の解消にも繋がります。

「とにかく問題をやりまくれ!」
ではなく

「とにかくできる問題を作りまくれ!」
が正しいのです。

そのための勉強法として
昨日、動画で
数学の勉強法を語ったので
まだ見ていない人は
こちらから見ておいて下さい。

ちなみに、理科系の
問題集も同様に取り組めば、
効果を得ることができます。

動画はこちら

→「数学の勉強法を実際に参考書の問題を使って実況してみた」

普段はもう少し
早く読んで、早く回していきます。

(説明をしているので
少し遅くなっています)

が、あんな感じで実況プレイをしながら
問題をマスターしていくのは
オススメです。

理解度が急激に上がります。

まずは簡単な参考書1冊完璧に。
その後センター数学の過去問を
演習してパターンを掴んでいきましょう!

数学8割、とりましょうね!

寒いですが
今日も気合入れてやっていきましょう。

それでは今日は以上です。

またメールします!