【動画解説有】センター英語で8割、9割を狙う効率的勉強法!まずはこの2つをやろう!

「センター英語無理くね…」
「上がる気がしない…」

と悩んでいる、英語嫌いな人へ。

「これ以上英語伸びないのかなぁ」とかで悩む必要は全くありません。

 

 

僕は初めて受けた模試で英語は44点/200点だったので、
多分この記事を読んでくれている人以下だと思います。笑

そこからちゃんと160点、180点取れるようになったんで
心配しないでください。

ハッキリ言います。
英語は絶対に伸びます。
 

そう断言出来る理由は、僕がこれまで見てきた
受験生が伸びてきたからです。 

これまで何十人と直接生徒を見てきて、
実際に、何人もの生徒がダメダメな状態から
センター英語で8割、9割取れるようになっていくのを見てきました。

そして、何百人何千人に動画を見てもらって、
「伸びた!」という感想を大量にもらっています。
 
 
だから皆も自信を持って取り組んでみてほしい。
後に続いてほしい、自分の目標を達成してほしいと思います。

僕がこれから話す勉強法を「納得」した上で
しっかり実践していってください。

 
前置きが長くなっちゃうんで、本題にいきましょう。笑

 

0.サクッと全体像を掴みたいならこの動画を見てください

今回の記事では、具体的なアクションプランをガガガッと並べているのですが
なぜそれをやるべきなのか?どう意識して勉強すべきなのか?はガッツリそいでいます。

センター英語で得点するために、どういう考え方どういう手順で勉強すればよいのか?
をこちらの動画で話しているので、そこが知りたい方はまずはこちらから見てみてください。

では勉強法の解説にいきます。

1.語彙を集中してガチで覚えきる

単語の覚え方がわからない人は、こちらの動画から見てみてください。

効率的な単語の暗記法です。

勉強法の動画を見るときは再生時間を1.5倍速〜2倍速くらいに変えてみることをオススメします。

「youtube 倍速再生」と検索すると、やり方が出てくるので
試してみてください!笑

システム英単語の1,2,5章が未だに
「曖昧です」と言っている子がいます。

が絶対に覚えられます。大丈夫です。
 
英単語の1単語1訳を言えるようにする作業は
「スピード&音読&テスト&根性」
 
で解決できます。
 
 
スピード
音読
テスト
根性
 
この4つです。
 
 
ミニマルフレーズのCDをシャドーイングを3〜5回くらいして
発音でつまらないようにしておく。これもCDが勝手に進んでいくので、誰でも出来ます。
 
「めんどくさくて」とか「やれない」って気持ちはわかりますが
やれば覚えやすくなるのでやってしまいましょう。
 
 
その作業が終わったら、ひたすらに1秒1単語で
そのページ内の単語が出てくるようになるまでひたすら反復です。
 
もうこれは、僕のYoutubeチャンネルのテーマとでも言っていいぐらい
繰り返し言っていることです。
 
 
覚えたければ、高速でテストせよ。
そして満点を取れるようになるまでやれ

本当にそれだけです。
 
もちろん、語源暗記関連付けて暗記
という手段もとっていきますが、それは勉強が進んでいってから
その手段も付け加えていけばよいのです。

最初から「理解も含めた暗記」をやっていると
なかなか終わりが見えません。

 
スピーディーに
根性を使って
音読をしながら
グリグリテストする
 

この4つを本当に大事にしてください。

自分に足りなかったのはどれかな?と問うてください。

 

よく、音読って必要ですか?

って質問がありますが、もちろん必要です。

やったほうが全体像把握になって覚えやすくなります。

目だけで認識するより、口で何度か言っておいて発音が分かったほうが

遥かに反復の質が上がります。

形だけではなく、脳内で音声だけでも復習できるようになるからです。

 

まだ覚えられないなぁって言ってる人は
これらのどれかが欠如しています。
 
単語の暗記なんて、ぶっちゃけ楽しくないです。
 
でも、皆模試を受けたからわかっていると思うけれど
 
「単語わからねーと読めねー」ってなるでしょ。笑
 
 
だからシス単に出てくる単語くらいは
「パッ」と出てくるようになるまで
何度も繰り返しておく必要があるわけです。
 
 
 
単語、熟語、文法で、これらの作業を本気でやってください。
 
急いでください。

 

ちなみに、熟語、文法の暗記法はこちらの動画でも解説しています。

 

英文法の暗記法

 

英熟語の暗記法

 

スピーディーにテストを繰り返すのがコツ!

特に今回、伝えたいことは
 
・スピーディーさの重要性
・テストすることの重要性
 
この2つです。
 
 
少しでもいいから自分なりに本気で
「急いで」やってみる。
 
試験本番も、制限時間があって
その制限時間内にすべての問題を解き終わる必要がありますよね。
 
つまり「急いでやる」という感覚は
試験を突破する上で必須条件なんです。
 
 
 
急ぐ。
 

とにかく急ぐ。
 

急ぐ急ぐ急ぐ。
 
 
 
速く終わらせて次にいく。
 
 
この感覚。
 

 
この感覚を持てるか持てないかで
全く違います。
 
 
 
そして「テスト」
 
 
いかに速く回しても
ただ速く読んでいるだけでは全く意味がない。
 
 
最終的に「自分で訳をアウトプットできる状態になる」
ということが大事なので、そのゴールに向かう行動をしないと意味があります。
 
 
急いでテスト
 
テスト・テスト&テストです。
 
そして、テストで満点が取れたら次へ。
 
 
これの繰り返しです。
 
 

最初からテストがキツイって人は、最初の1,2周はシャドーイングを入れて
それで終わりって形にしてもオッケーです。

全体像把握をするということですね。

先程の英単語の暗記のスケジュールの動画の中で解説しているので、また見てみてください。 
 


 
その後はスピード&テストです。
 
 
まずはここに集中してやってみてください。
 

2.速読トレーニングを積む

センター英語で120点未満の人は
おそらくここが足りてないです。
 
 
長文を速く読めるようにする訓練が足りていない。
 
 
速読トレーニングが足りていない。

 

ですので、
 
 
勉強の序盤は、「精読をする」ということをやってきたと思います。
今回はあえて、その話題に触れていませんが、精読に関して知りたい方はこちらの動画を見てみてください。

 
英文のどれが主語でどれが述語なのか?
を確認する作業です。
 
SVOCを振る。
 
これもめちゃくちゃ大事です。
 
これをやらないと、複雑な形の文章が出てきたときにウッと詰まってしまい
途中から文意の把握が出来なくなってしまうからです。
 
 
だから精読も大事なのですが、

センター英語で高得点を取るためには
長文を速く読めるようにすることが必須条件です。

 
それさえ出来れば、160点の壁はサクッと超えられます。
 
 
ではどのように速く読めるようにすればいいのか?

どのようにトレーニングするのか?
 

速読トレーニングの方法

速読トレーニングの方法は既に動画にもしているので、ビジュアルで学びたいという方はこちらからどうぞ

 

使う教材は、速読英単語、速読英熟語、ハイトレ、英語長文レベル別問題集などがおすすめですが
 
特に「速読英単語必修編」がオススメです。
 

シス単で学んだ重要単語をおさらいしながら、
長文の読解練習が出来るので、一石二鳥です。
 
1文1文が短いので反復もしやすいですし、達成感も感じやすい。
(もちろん他の教材も、良いところが沢山あるので、出来る限り沢山の長文でこの速読トレーニングの訓練を行いましょう。)
 

速読トレーニングの6つのステップ

1.精読した文章を用意する(全文にSVOCを引く)
2.1文ごとに、フレーズごとに英語の語順で訳す
3.2がスムーズにスラスラできるようになるまで繰り返す
4.1つの段落がスラスラ、英語の語順で訳せるようになるまで繰り返す
5.英語を音読するだけで、日本語を言わなくても意味が理解できるようになるまで繰り返す
6.全段落の文章で同様にやり、通しで音読して理解できるようになるまで繰り返す
 
 
これらの一連の作業を、毎回の文章でやってください。
 

精読して

1文ずつご順通りに訳せるようにし、

段落

全文

と範囲を広げていきます。
 

まず、全文SVOCをつけていく「精読」から。
 
これを蔑ろにして、「スラッシュリーディングだ!」とやってもそれはノリ読みと同じです。
精読があってのスラッシュリーディングです。
 
 
その後、1文ごとに語の塊で訳していく。
 
 
 
 
The word “drug” means anything that, even in small amounts, produces changes in the body, the mind, or both.
 
(速読英単語必修編 第7版 drugの定義より引用)
 
この文章であれば
 
 
 
The word その言葉は
 
“drug”  薬は
 
means 〜を意味する
 
anything 何かを
 
that, 何かって?(that以下が関係代名詞となり説明)
 
even in small amounts, 少量においてでさえ
 
produces changes 〜を作り出す 変化 
(いきなりproduces と動詞が来ている。これは主語が欠落した、関係代名詞で、先行詞はanything。これが主語。)を
 
in the body, the mind, or both. 体に、精神に、そして両方に
 
 
といった具合でフレーズフレーズで切って訳します。
 
 
これを最初は
 
「声に出して」
 
やってください。
 
 
ザワードドラッグ その言葉、薬は
ミーンズ エニシング 〜を意味する 何かを
 
のような感じです。笑
 
このように、
 
 
英語
 
日本語
 
英語
 
日本語
 
 
を短いまとまりで繰り返し読んでいく。
 
 
訳が分からない時は、隣についている模範訳を見て
どう訳せばいいのかを確認し、理解したら、
自分でアウトプットできるまで繰り返します。
 
そして、また英文の初めに戻って、訳していきます。
 
この作業を繰り返していけば
 
「スラスラ読める1文」が完成します。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.精読した文章を用意する(全文にSVOCを引く)
2.1文ごとに、フレーズごとに英語の語順で訳す
3.2がスムーズにスラスラできるようになるまで繰り返す
4.1つの段落がスラスラ、英語の語順で訳せるようになるまで繰り返す
5.英語を音読するだけで、日本語を言わなくても意味が理解できるようになるまで繰り返す
6.全段落の文章で同様にやり、通しで音読して理解できるようになるまで繰り返す
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
1文を完成させたら、次の文です。
 
このように
 
丁寧に追いかけて追いかけて、
1つ1つテストし、自分で訳せるようになるまで繰り返してください。
 
雑に読んでいるといつまでも雑読みから抜け出せません
 
1文を読めるようにする。
 
次の文章を読めるようにする。
 
また、次。
 
また次。
 
 
このように繰り返して前に進めていけば、
 
いつの間にか1段落分をスラスラ訳せる様になっているはずです。
 
 
1段落をまとめてスラスラ訳せるようにしたら
次の段落へ。
 
 
これ、1秒1単語の暗記法のアプローチと全く同じですよね。
 
 
一瞬で訳が出てくるようになるまで
テストを繰り返す。
 
 
英語長文も全く同じなんです。
 
 
この作業を繰り返していけば、
「スラスラ読める英文のストック」
が確実に増えていくので、
 
 
結果的に見たことのない文章でもスラスラ読める様になっていくのです。
 
 
SVOCをふって、それを意識した上で
英語の語順で読んでいるので、誤読も少なく、そして速く読める。
 
だから正解が取れるんです。
 

英語を音読しながら意味が分かる、という状態を作ろう

これがすべて出来上がったら
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6.全段落の文章で同様にやり、通しで音読して理解できるようになるまで繰り返す
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
この6番目の作業をやってください。
 
 
今までは
 
英語
 
日本語
 
英語
 
日本語
 
と訳を口に出していってきましたが、
それがスムーズに出来るようになったら
 

英語を音読するだけで、意味がわかるという状態を作ってください。
 
つまり
 
 
The word “drug” means anything that, even in small amounts, produces changes in the body, the mind, or both.
 
 
ザワードドラッグミーンズエニシングザット(あえてカタカナ英語で書いています)
 
と言いながら頭の中では
 
薬は意味するよね、何かを(何かって何を?)
 
と、先程まで口に出していた意味が「分かっている」という状態です。
 
 
 
この作業を積むことで読むスピードがグンと上がります。
 
このときにCDのシャドーイングが凄く有効に働きます。
 
 
CDのスピードに付いていきながら音読をすることで
英語の読むスピード感覚が格段に上がります。
 
 
音読しながら意味を把握する。
ここまでやってください。
 
 

まとめ

・語彙を覚える
・速読トレーニングを行う
 
この2つをやるだけで、センター英語の点数はグンと伸びます。

この後、「問題演習」「過去問演習」なども入れなくてはいけませんが、
この前提をやらずに、過去問を解きまくったところで伸びはしれています。

スピーディーに単語、熟語、文法を訳せる
スピーディーに1文を前からご順通りに訳せる

この力があって初めて、
長い英語長文を読み解き正解を導き出すことができるのです。

 

あ、ただ過去問演習は絶対にやってください。

新しい問題に触れて、読んで解くという作業はしないと
本番、時間配分や、間違いの選択肢に惑わされるなどして大変なので
必ず行ってください。

 

 

そして今説明した2つの勉強法に問組む上で
 
・スピード&音読&テスト&根性

の4つを持って取り組む、ということです。

あまり根性について説明していませんでしたが、

暗記は根性です。

「どうせ覚えないといけないんだから、グリグリやっていくしかねぇ!」

これでいいんです。笑

割り切ってください。
割り切ってやりきったときに結果が出ます。
 
 

受験勉強はすべて「ゲーム」だと思って下さい。
 
タイムアタック要素のあるゲームだと。
 
以下に集中して制限時間までにクリアできるのか。
これが勝負です。
 
 
是非、頑張ってみてくださいね。

この2つをしっかりやれば、本当に伸びます。
 
英語はちゃんと点数伸びるので、本気で取り組んでみてくださいね!
 
 
ではでは!

LINE@でしか学べない受験勉強法やメンタル術を配信中!

LINE@では
・モチベアップのコンテンツ
・ブログには書いてない勉強法
・「LINE@会員限定」のYoutubeライブ授業
などを受け取ることができます!

現在登録者数は4524人です。


114人(2017/10/17時点)
833人(2018/01/18時点)
1422人(2018/03/08時点)
1752人(2018/04/09時点)
2616人(2018/06/20時点)
4524人(2018/10/23時点)
 1年間で4000人増えました!

友達登録はこちらのボタンをクリック!↓

友だち追加

 

LINEに登録すると学べること

・効率的な勉強法
・モチベーションを保ち続ける方法
・心の底からやる気を出す方法
・集中力がグッと上がって勉強効率を上げる方法
・いつでもポジティブでいられる心
・ネガティブなことが起こっても動じない心の作り方
・毎日自分を進化させ日々行動していける自分になる方法

などなど、配信のテーマは様々です。

 

 

登録は完全無料です。登録する場合は、下のボタンをクリックしてください^^

友達登録はこちらのボタンをクリック!↓

友だち追加

(クリックしてもだめな場合は、こちらから検索、またはQRコードを読み込んで下さい。)

ID:@hmu2310k

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です