受験勉強のやる気をマックスにする志望校の選び方4パターン!動機は「モテたい」でいい!?

こんばんは!
受験サポーターsinです。
 
現在、なぜか風邪を引いて寝込んでしまいました。笑
 
 
寝て休まねば、と思ったのですが、
意外と寝てる方が辛い?と思い、
起きて文章書いています。
 
 
国公立試験まで残り3日。
本命のラストの試験まで出来る限りの勉強をしてくださいね。
 
 
この直前期何をしたらいいのか分からないって質問はちょくちょくくるので、
 
この記事を参考にしてみてください。

直前期でも出来る!センターの点数を上げるための勉強3ステップ
http://sinbook01.com/center-3step/

 
センターと書いてますが、二次でも私立でも使える考え方です。
  

1.受験勉強のやる気の出ない理由って?

 

僕のLINE@に登録してくれてる人や、ブログやYoutubeを見ている人って、
勉強に対する意識が高い人なんだなと僕は思っています。
 
 
何故なら、僕は高校3年生のときに勉強法なんてものを調べたことがなかったし、遊びのことばっか考えてたからです。
 
 
現役で落ちて初めて、「予備校どうしよう」と考え始めたぐらいです。笑
 
 
現時点で勉強に対するアンテナを張っているあなたはきっと、受験を成功させたい!という意識や、「なぜやってるのに出来ないんだろう?」という意識や、「勉強をうまくいかせたい!」という意識が強いんだなぁと思います。
 
 
ところで、
多くの受験生が、勉強をやり始める時は、
「頑張ろう!」と思うのに、途中で「もう勉強やりたくない…」となっていってしまいます。
 
 
「やる気が出ない…」
 
 
ってやつですが、なぜこんなことが起こってしまうのか?
 
 
 
やる気がなくなる原因は色々あるのですが、
 
大きな原因の一つに「志望校に対する想いがしょぼい」という場合があります。
 
 
というか、志望校もないって人も以外と結構いる。
 
 
 

2.本気で欲しいものは、皆買っちゃう

僕は昔っからゲームが大好きで、
毎年のお年玉を貯金もせず最新のゲームに費やしてきました。
 
ゲームボーイから始まり、アドバンスやDS、PSP、テレビゲームは64、GC、Wiiと一通り遊んできました。
 
(どちらかというと、任天堂大好きっ子でした笑)
 
 
ちなみに、うちの父はゲームが大嫌いで
父は絶対買ってくれません。
 
父の目の前でゲームをしようものなら、没収されてしまいます。。。
 
 
という逆境の状況にも関わらず僕はゲームをずーっと買って、ずーっとやり続けてきました。
 
ゲームに対する「やる気・モチベーション」が半端なかったんでしょうね。笑
 
 
これが、「やる気」のキーだと僕は思っています。
 
 
要するに、本気で欲しいかどうか?
本気で「手に入れる」未来が自分の望んでいるものなのかどうか?
 
がやる気を左右するのではないか?ということです。
 
 

3.本気で志望校選びをしましたか?

志望校選びを本気でした人間と、
そうじゃない人間では、受験のやる気に大きな差が出てきます。
 
 
何故なら多くの受験生は

 
もう受験生だし、受験勉強
 
や ら な い と い け な い な ぁ
 
 
と半ば、義務感でやっているからです。
 
 
 
人は、義務感でやる行動に対して
やる気が出ません。
 
 
 
受験はそもそも

「やらなくてもいい」

ものなんです。
 
 
 
別に高卒で働いている人は
世の中にたーーくさんいますから。
 
 
それで幸せな人生を送っている人も
たーーくさんいます。
 

 

※注意

誤解を招くかもしれませんが、僕は受験はしたほうがよいと思っています。
何故なら人間的に成長に繋がるのと、その他人生にとって良いことが大量にあるからです。

ただ、ここで言いたいのは

「誰もがやらねばならないこと」ではないということ。

そして、やらなければ幸せな人生が送れなくなるというものではないぞ、ということ。

 

どちらに言っても、自分の人生を良くすることは出来るが
大学受験に全力で取り組むことでさらに人生をよく出来る、豊かに出来る
他者に貢献できる自分になれる

というのが僕の考えです。

 

 
 
話を戻して、

 

多くの人がなぜ、皆受験をするかというと、
 
「よりよい人生を送りたいから」
 
ですよね。
 
 
・安定した企業に就職したい
・さらにレベルの高い学問を学びたい
・専門性の高い学問を学び、仕事に活かしたい
・リテラシーの高い人間との人間関係を作りたい
・大学のサークルが面白そうだ
・単純に大学生活って楽しそう
 
 
などなど、そういった
「大学」に入った結果得られる「良いもの」を得たいから
みんな受験を頑張るわけです。
 
 
ここを忘れてしまうと、どうしても
受験のやる気って下がってきてしまいます。
 
 
大学選びは、自分の人生を良くするための
「人生のカスタマイズ」であり
本来は自由に決めていいものなんです。
 
 
 

4.どうやって決めればいいのかわからない?

でも、どんな風にカスタマイズしていいのか分からない!
という人もいると思います。

 

って人に向けて何パターンかに分けて
大学の選び方を解説します。
 
1.大企業に入りたい!
2.モテたい!遊びたい!
3.特にやりたいことがない!
4.専門性のある職業につきたい!
この4パターンにわけてザックリ解説します。
 
 
特に3番目の「やりたいこと」がないパートでは
「一流大学」について取り上げます。
 
 
「一流大学の定義」や「一流大学の選び方」についても話しているので、
「一流大学」について興味がある人は
ここから読んでもいいかもしれません。
 
 
 
 

4−1.大企業に入りたい!一流企業に入りたい!

例えば、大企業・一流企業に行きたい!
 
安定した仕事につきたい!
 
 
と思うのであれば、
そういった企業に沢山就職の窓口がある大学を
探してみるといいです。
 
 
今はまさに大ネット時代。

 
ポチポチと調べれば情報は無限に出ます。
 
例えば
 
「三井住友銀行 就職 大学 ランキング」
 
とかね。笑
 
 
ちなみに今調べてみて驚いたけど、
三井住友銀行に最も就職する数の多い大学は
 
 
早稲田でも
慶応でもありません。
 
 
関西学院大学なんです。
 
 
ちょっと驚きですね!笑
 
 
じゃぁ銀行マンになりたい!
半沢直樹みたいになりたい!
と思ったら、関学を目指すといいかもしれない
 
ということになってきます。
 
 
もちろんそれで就職が確定するわけではありませんが、
少なくとも、他の大学よりも就職できる確率を
上げることができるわけです。
 
 
 

4−2.モテたい!遊びたい!も立派な動機になる!

 

いやいや…まじで就職のこととか
まだ良くわかんないし…
 
とりあえず大学いったら遊びたいわ~
 
と思ってる場合。
 
 
大いに結構!!
 
 
遊びたい!モテたい!人生の夏休みを大学に入ったら謳歌したいぜ!
 
 
こういうのも大歓迎!オールオッケー!
 
そう思うなら、こんなキーワードで検索ですね。
 
 
「モテる 大学 ランキング」
 
 
(笑)
 
 
1位:慶應義塾大学
2位:早稲田大学
3位:東京大学
 
 
だそうです。
 
さぁモテたい男性の諸君。
 
慶應義塾を目指すのだ(笑)
 
 
 
ちなみに合コンでテンションが上がる大学は
 
 
1位 慶應義塾大学 17%
2位 東京大学 15%
3位 京都大学 7%
4位 早稲田大学 6%
5位 名古屋大学 2%
 
とある。笑
 
 
どこでとったアンケートなのかは不明だが、
女子の「慶応ボーイ」に対する憧れ(盲信?笑)は
果てなく強いことが分かる。
 
 
 
こーんな理由でも、
 
あなたが「心から望む!」のなら、立派な志望理由になるのだ!
 
 

4−3.漠然と将来のことが不安だが、何をやりたいのか謎。でもためになる大学に入りたい!!!なら一流大学を目指せ!

という、やりたいこともわからない。
 
モテるとか、モテないとかそういうこと以前に、
 
将来の仕事がどうなっていくのか不安
 
何とか勉強を頑張って就職とか、色んなものをよくしたい!
 
 
と思ってる人もいるだろう。
 
 
そういうあなたは、ドラゴン桜じゃないが
 
 
「東大」を目指せ!
 
 
というと極端だが、
 
 
「一流大学を目指せ!」
 
 
だ。
 
 
 
やることが決まってないからこそ、
 
ブランドがある大学に入るのはとてもオススメ。
 
何故なら、自分の入った大学の肩書は一生ついて回るからだ。
 
 
どんなに自分がやりたいことが分からなくても、
 
「東京大学経済学部卒業」という肩書がついていたら
 
「何かやってくれるんじゃないか」
「何か物知りなんじゃなかろうか」
「ちょっと頼ってみようかな」
 
感が出るじゃないか。
 
 
この社会的信頼度ってのは、多くの人が
 
「そんなの本質的じゃない!」
 
と言っているが、実はバカにならないと僕は思っています。
 
 
 
世の中に出れば、自分のことを明確に定義できるような
能力を持っている人ばかりじゃない。
 
 
ならば、学歴くらいは
皆が分かるようなものを手に入れておこうじゃないか
 
という発想です。
 
 
 
結局大企業も、世の中の人も
「一流大学」に関しては入っただけで
評価をしてくれるんです。
 
 
この風潮は少なくともあと50年…いや100年は変わらないでしょう。
 
 

何のラベルもなく、何か音楽やスポーツやお笑いの天才でもないなら
勉強だけは一流になろう!という発想。

 

ドラゴン桜の名言で

バカとブスは東大を目指せ!

というものがありますが、まさにその通りだと僕は思っています。

 

ただ、東大じゃなくても、「一流大学」は沢山あるので 

そういった大学を狙うのも大いにありです!

そこで一流大学の定義と選び方をお話します。

 

4−3−1.一流大学の定義

とりあえずザッと並べます
 

国公立大学

まずは誰もが知っている旧帝国大学。

・東京大学
・京都大学
・北海道大学
・東北大学
・名古屋大学
・大阪大学
・九州大学
 
 
これに続くのが

・一橋大
・東京工業大
・筑波大
・神戸大

の旧官立大学。

国立大学では、これらに加えて

・東京外国語大
・お茶の水女子大

このへんがまでが国公立大学の「一流大学」です。
 
 
これ以下は、偏差値が高くても「中堅」と呼ばれる大学になり
一気に知名度や認知度が落ちます。
 
 
 
そして、穴場なのが私立の一流大学。
 
 
関東では、

・早稲田大
・慶応大
・上智大
・東京理科大
・国際基督教大
 
MARCH

・明治大
・青山学院大
・立教大
・中央大
・法政大

それに加えて

・学習院大
・津田塾大
 
関西では、
 
関関同立

・関西学院大
・関西大
・同志社大
・立命館大
 
 
このへんが、世の中の人が優秀だなぁと思ってしまう
基準、すなわち「一流大学」の基準である。
 
 

4−3−2.一流大学の選び方!〜本気で頑張る、国公立一流大学狙い vs 一発逆転を狙う私立一流大学狙い〜

ここが、実はポイントなのだが
国公立の一流と、私立の一流の世の中の認知度の差って実はそんなにない。
 
 
国公立は学ばねばならない教科数も多く、
正直勉強のバランスを取るのが非常に難しい。
 
 
人は忘れる生き物にも関わらず
かなり多くのことを記憶していかねばならないのが
国公立なので、受験難易度は同難易度の私立と比べると相当高い。
 
 
 
なのに!
 
 
私立の最難関と、国公立の中堅を比べると
私立の難関大の方が認知度も高く、評価もされやすいのだ。
 
 
 
もし、家庭に余裕があって
ブランドを手に入れたい、
でも、自分には5教科7科目もやるのはちょっと…
 
 
と思うのなら、最初から国公立を捨てて

私立専願の戦略を立ててガンガン勉強していく

ことも僕はありだと思っています。
 
 
僕は、国公立大学しか考えていなかったので、受験生当時は私立のことやこういったブランドのこともそこまで考えていませんでしたが、(父に国公立に入れ!と口酸っぱく言われていたことも影響してます)
 
 
もし、今から志望校選びを本気でやっていくなら、
「一流の私立大学専願でガチの勉強をする」
 
というのもありです。
 
 
 
一方で、
・お金にそんなに余裕はない
・でも一人暮らしはしたい
・東京に出たい!
・一流大学を本気で狙いたい
・国公立に対するあこがれがあるぜ
・俺・私なら5教科7科目出来る
 
 
 
と思う気持ちが少しでもあるなら
国公立の一流大学を目指そう
 
 
学費も私立の半分以下だし、
やはり国公立の一流大学は、集まる人間も優秀な人が多い。
 
 
今は偏差値が低いという人も、
実は意外と東京大学に逆転合格できる実力を
持っている場合も少なくない。
 
 
 
最初から「自分にはどうせ無理」と判断するんじゃなく
 
 
「自分はもし行くんだったらここに行きたい!!!」
 
「この大学の名前を自分の名前の隣に書きたい!」
 
(例:山田太郎 1999年生まれ 京都大学工学部卒)
 
自分が本当に「ここはカッコイイ!」と思うものを自由に選択したらいい。
 
 
それが君の志望大学であり、
「やる気」がみなぎってくる大学選びなのです。
 
 

4−4.専門性・実利ベースで選ぶ大学選び

この他にも大学の選び方はたくさんある。
 
今回はブランドをメインで書いたが例えば
 
「学びたいこと」ベースで考えるのもよし。
 
 
「食関係のことをやりたい」のであれば、
 
管理栄養士になれる学部のある大学を並べて選ぶことになる。
 
 
 
プログラマーやシステムエンジニアになりたい!
と思うのなら、
 
各大学の「工学部の情報工学科」を選ぶことになる。
 
 
 
あと、当然だが
医者なら医学部、看護師なら看護学部、薬剤師なら薬学部だ
(当然すぎて鼻水が出る)
 
 
偏差値は高くないが、面倒見がよい大学
実利がある大学というのもあるので
もしやりたいことが明確になっている場合は
そこをベースに調べていくといいです。
 
 
 

5.やる気を出す志望校選びは、とにかく調べて調べて、「ここに行きたい!」を深めまくろう!

風邪を引いているにもかかわらず
何故か、パソコンを打つ手が止まらなかったので、
 
こんなにも文章を長々と書いてしまいましたが、
 
(しかも熱っくるしく。笑)
 
 
今回のテーマは「受験のやる気」でしたね。
 
 
 
受験のやる気が出ないのは
「なんとなく受験勉強をやらなきゃならない」
と思っているから。
 
 

モテたいと思うなら、慶応へ!(笑)
 
一流大学の肩書がほしいなら、最難関大学へ!
 
5教科7科目はできないけど、一流大学の肩書が欲しいなら
難関私立へ!
 
自分はやってやる!と思う人は国公立の最難関大学へ!

 
 
これらの情報は相当少ないので、
この中でさらにさらに大学の細かな情報を調べていくといいと思います。
 
それはもう、納得がいくまで。
 
 

「この大学じゃないと嫌だ!」
 
と思うレベルまでグーッと深く深く調べていきましょう。
 
 
例えば、キャンパスはどこにあって、
それは楽しいキャンパスライフを送ることが出来る立地なのか?
 
それとも勉強に集中しやすい静かな立地なのか?
 
 
下宿先の家賃は安いのか?高いのか?
 
どうしても行きたいんだけど、下宿先が高い…
なら安い寮はあるのか?
 
 
 
卒業生の主な進路はどうなっているのか?
 
就職先はどうなってるのか?
 
起業してみたい気持ちもあるが、そのへんはどうなのか?
 
 
気になることを全て全てすべーて!
調べていくといいです。
 
 
 
大学はあくまでも
自分の人生を豊かにするための一つのツールであり、
 
ゲームでいったらレアアイテムみたいなもんです。
 
 
そのレアアイテムが自分にとって
 
どうしても欲しいもの
 
になったとき、
 
 
人はどんな険しい山道でも
どんなに強大なモンスターがいても
立ち向かっていけるのです。
 
 
 
どうしても欲しいんだ!という未来をイメージし、
その後努力をついてこさせる。
 
 
これが受験の「やる気」を燃え上がらせるコツです。
 
 
 
努力しなければならない
 
ではなく、どうしても努力したい
どうしても勉強したい
どうしてもモテたい!!!(違うか)
 
 
という状況に自分を落とし込んでいこう。
 
 

6.あなたはやる気がないわけじゃない。やる気を出す準備が出来てないだけだ!

あなたは「やる気がない人間」じゃない。
 
 
単純に、「やる気が出る自分の状態」を作っていないだけなんだ。
 
 
ここに入ってモテたい!
ここに入って周りから認められたい!
自分の人生をとにかく変えたい!
単純に、自分を試してみたい!
安定した企業に就職したい!
 
 
全て、オールオッケーです。
 
 
不純な動機でもなんでも、いい!
 
もちろん
自分には医者になる使命があるんだ!
科学者になって、素晴らしい発明をするんだ!
東大に入って、日本を良くする政治家になる!
 
これらも最高にオッケー!
 
 
自分が最高に熱くなれる
ワクワクする未来を想像する。
 
不純であろうが、カッコイイ目標であろうが、
 
それが「自分」なんだったらなんでもいいんだ。
 
 
 
その上で、その「ワクワクする未来」を叶えられる大学を
しっかり探して、そこを目指そう。
 
 
それこそが、まさに
 
「やる気の出る受験勉強の方法」
 
なのだ。
 
 
自分の中の第一志望を決定するところから、
受験勉強はスタートする!
 
 
是非、ワクワクする大学を選んで
やる気満々になって受験勉強をやっていこう!
 
 

追伸

ときにはこんな受験生もいる。
 
 
高3は受験生だけど、まーったり勉強して
最後の高校生活を満喫して入れる大学に入りたい
 
別にそんな熱血で勉強するんじゃなくても
自分は満足!
 
 
これもオールオッケー!
 
 
べらぼうに偏差値の高い大学に目指すことだけが
人生ではない。
 
 
さっきも言ったが現に
高卒でも中卒でも幸せな人生を送っている人は
ゴマンといる。
 
 
だから、どんな受験生活を送っても僕はいいと思ってます。
 
 
だが、せっかく
「受験出来る」環境に生まれたのであれば、
 
 
受験というゲームを本気で楽しんでみるのも
いいんじゃないか?
 
と僕は思っている。
 
 
受験勉強を頑張った先には
 
・世間の人からの評価
・優秀な人達の輪に入れる
・圧倒的な就職率
・最高の学習する環境
 
など、一流大学に入ると様々な恩恵を得られることは
やっぱり間違いない。
 
 
 
どっちでも、「良い選択」だけれども
 
 
僕の立場は
 
「本気で受験というゲームを楽しんでもいいんじゃない?
そのスコアを伸ばせば、良い思いができまっせ」
 
というものだ。
 
 
参考になると幸いです。
 
 
 
ではでは!
僕は寝ます!(鼻水ズルズル)
 

 

LINE@でしか学べない受験勉強法やメンタル術を配信中!

LINE@では毎日モチベーションをアップさせるコンテンツを配信中!

現在登録者数は1752人です。


114人(2017/10/17時点)
833人(2018/01/18時点)
1422人(2018/03/08時点)
1752人(2018/04/09時点)


友達登録はこちらのボタンをクリック!↓

友だち追加

 

LINEに登録すると学べること

・効率的な勉強法
・モチベーションを保ち続ける方法
・心の底からやる気を出す方法
・集中力がグッと上がって勉強効率を上げる方法
・いつでもポジティブでいられる心
・ネガティブなことが起こっても動じない心の作り方
・毎日自分を進化させ日々行動していける自分になる方法

などなど、配信のテーマは様々です。

 

 

登録は完全無料です。登録する場合は、下のボタンをクリックしてください^^

友達登録はこちらのボタンをクリック!↓

友だち追加

(クリックしてもだめな場合は、こちらから検索、またはQRコードを読み込んで下さい。)

ID:@hmu2310k

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です